プロフィール

キン太

Author:キン太
nvnstudioブログへようこそ!
代表のshinです。
ライブの応援・企画、CD/DVDの企画・制作、PAなどの音楽活動やそのついでの印刷などのデザイン、そのついでにやむを得ない宴会活動に積極的に取り組んでいます。
最近では自分もときどきですが売り出しています。
「鯛車しん」で月に一回、まき鯛車商店街で、ライブを行っています。
「キン太」としてキン太電気バンドでポップスを歌ってます。今度、ジャズストにも参加します。

thanks!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Flash Piano
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

91

まっこと怒濤の連休でありました!

9月22日(木)
 スーパーギタリスト本沢家で「帰ってきたカリーナのうた」のギターを録音。サイドギターとソロとをいれようと、20本近く録音。いや~打ち込みドラムとピアノ、わたくしの拙いベースに息吹を吹き込む活き活きとしたギターがはいった。8時少し前から10時半まで。
 本沢さんありがとうございました。

本沢
※音は消えたけど写真だけは残ってます。

9月23日(金)
 前日録音したギターを含めて最終ミックスダウンをすることに。なにしろ翌日から開催する「第1回国際グルメグランプリ」に間に合わせなければいけません。というわけで、ノートパソコンからデスクトップに録音したデータをコピー…。ドラッグ&ドロップ!うん、簡単簡単……、ん!ん!!!!
 古いものを新しいものに書き換えるはずだったが、新しいものを古いもので書き換えてしまった!昨日の本沢さんのギターのテイクがすべて一瞬のうちに消えた!ショック!!!
 本沢さんになんと伝えよう…。

 午前中、ボー然自失。

 気晴らしに月岡温泉のカリオンパークへ。翌日からの会場の下見だ。会場はほぼできていて皆さん明日からの勝負にむけて準備に余念がない。帰ってきたカリーナのブースに行きあいさつ。一生懸命の中でボクがいくとにこっとして迎えてくれる。ありがたいことです。「明日、よろしくお願いします!」と大きな声で激励される。
 足下の芝生は連日の雨でぐちゃぐちゃ。明日からは天気がいいといいのだが。
 帰りに聖籠の「蓮野ギャラリー」にいく。そうだみつのりさんが主催する毎月恒例のライブ。SACHIKOさんがきているのでごあいさつ。

 家に帰り気を取り直して「帰ってきたカリーナ」のうたの最終ミックスをおこなった。うた入りとうたなしのカラオケをつくった。これと「まき鯛車商店街のうた」カラオケをCDに焼いて明日からのステージ準備OK!
 気晴らしのようにだったけど、カリオンパークに行きまき鯛車商店街のひとたちにあってきてよかったと思う。彼らの一生懸命さを目の当たりにして気合いを入れ直すことができた。

9月24日(土)
 出番は午後1時から10分間。「帰ってきたカリーナ」のPRタイム。10分間で2曲歌い宣伝をするのが役割。11時半頃現地に着いたら午前の部のPRタイムは終わっていて、他のブースがどんな宣伝をしていたのか見逃した。天気がよく暑くなったので巨峰のジェラートを食べた。(なんとこれがスイーツ部門の一位に輝いたのだった。うん、美味しかったです)
 おそるおそる、はずかしいもので、鯛車スーツに着替える。会場内にはレルヒさんをはじめいわゆる「ゆるキャラ」が幾つもいる。俺は生キャラだ!とはおもいつつ、見栄えのするゆるキャラと見比べればどうしたって迫力に欠ける。
出番が近づき司会者と若干の打合せ。カリーナ関係者の思いと観客に負けない気合いをこめてうたう。しかしステージ上は青空の下ほんとうにきもちがいい。PA、モニターもとってもやりやすくうたっていて自分の声が伸びていくのがわかる。
 屋外、最高!

晴天しん
※あんまり空が青いもので

 おわったら巻へ直行。まき鯛車商店街・囲炉裏での夜のライブの準備。
 リハーサル。カリオンパークの余韻のまま、気持ちよく声が伸びる。実は健康診断の結果、再検査となったのだが、酒は控えるようにということをいわれた。で、1週間断酒した。それに少し前から筋トレもたまに行くようにしていた。というわけで声が出るのだ。うふふ。あはは。
 期待に応えたいとカリオンパークに臨み、その結果、あんまり気持ちがいいものだから、ついライブの本番前にビールを飲んだ。これが結果的に身を滅ぼすことになってしまった。

 囲炉裏ライブよりどっちかっていうとカリオンパークのほうに気持ちがいっていて気持ちの切り替えがないままにライブへ。さらに酒が入り気持ちはさらによくなるが、準備不足というか心構えがへにゃへにゃで、来ていただいた人には申し訳なかった。もう1部のときから壊れていました。すみません。
 休憩の最中も飲み続けもうよれよれでPAの後片付けも出来ず打ち上げへ。気分よく怒鳴っていたかも知れません。おぼえてな~~~~い。

sachiko.jpg
※横浜からのゲスト、いつもすてきなSACHIKOさま

9月25日(日)
 たっつあんの家で泊まりゆっくり朝ご飯。たっつあんの家にとまって飯も食らっていくのはそうだとしんくらいだと奥様にほめていただきながらたっつあん夫妻と4人で朝食。SACHIKOさまは熟睡中。
 カリオンパークの出演は11時ころ。自分のギターとカラオケCDを囲炉裏においたままだったので、それをもっていくために囲炉裏の鍵を開けてもらわないといけない…とかいうことで気をもみましたが何とかクリアして会場へ。高速をぶっ飛ばして行きました。
 会場周辺は交通規制。自家用車乗り入れは出来ません。ところが関係者用のパスを見せると会場横までいけちゃう。ありがたやありがたや。このパスをもらうだけでもたいへん。巻の方が掛け合ってなんとか確保していただきました。ありがたやありがたや。

 着いたら「ねぎっこ」の午前のうたが終わってインタビュータイムでした。ミニスカート、ヒラヒラ、いいですね~~!マネージャーの熊倉さんにあいさつ。

 というわけで、2日目も期待に応えたいのですが、酒をたらふく飲んでしまったよくひ、朝から声が出るわけがありません。やばいな~と思いつつステージ横へ。ゆるキャラたちがいますいます。お客さんにこたえて撮影大会です。
 前日、うたなしだったブースのPRでも、2日目はうたをいれて登場したところもありました。それぞれ工夫を凝らしているんですね。
 出番です。やっぱ声は伸びませんが、気合いです。体の筋肉を気合いで動かしてめいっぱい歌わせていただきました。高いステージの上で、晴天のもとで歌うのは格別でありまして、気持ちがいいものだからやっぱり声はでやすくなりますです。  前日ほどののびやかさはないですがまずまず上出来だったでしょう。途中からカリーナ応援団もステージに上がってくれたので心強いことこの上なしです。

ステージ
※まき鯛車商店街のみんなと帰ってきたカリーナのうたを歌う

 終了後、あいさつもほどほどにそそくさと次の会場に。次は電気バンドの練習。青山リハーサルスタジオ。開始が遅れたので30分遅れて到着。皆さんごめんなさい。10月15日のライブ(いっぱいでるうちのひとつ。王様の前座)の通し練習。あたらしくコーラスの方が加わって、コーラスの入り方を考えたりしながら…。もう肉体も気持ちも疲れて疲れて…、最後だと思いつつうたいましたが、声が出るはずもなく、それでもなんとかなんとか……。いや~お疲れ様でした。

 ところがもう一つ仕事が残っていました。前日のライブのPAの後片付け。疲れた体にむち打ってというのはこういうことですね。巻までいってPAを車に積んで家まで持ってきて2階まであげる。ぐったりでありまして、8時過ぎにはおねんね。

 途中で温泉にでも入って帰ろうかとも思いましたが、なんとボクのおなかには油性のマジックでいたずら書きがしてあるのをすっかり忘れていました。宮川画伯が前日夜にぼくの胸とおなかをキャンバスにして描いたのですが、たっつあんの家でお風呂に入ってゴシゴシとしたのですが、さすがに油性。多少薄くはなるものの、落ちません。宮川画伯曰く「1週間もすれば落ちる」。というわけで日帰り温泉は断念。いまだにこのボディーペインティングと左腕に書いたうたの歌詞のカンペが入れ墨のようになって残っています。

 まことにハードな連休でありました。

 国際ご当地グルメグランプリ1日目終了後、カリーナ関係者の言葉。「ブラック焼きそばは1日で1200食でた。明日は頑張らないと」「行列が出来た方がいい。行列をつくる出し方にしよう」とか、楽しみながら真剣に勝負しているのが伝わってきました。帰ってきたカリーナ出店スタッフ、ボランティアスタッフの方々、大変ご苦労さまでした。皆さんのまっすぐに頑張っている姿に心を打たれました。ボクはすこしは応援になったのでしょうか?
 腹ごしらえに糸魚川のブラック焼きそば。……イカスミを感じさせない味でした。評判ほどではないなと思ったけどな~。40種類の食べ物がならんでいたけど、行列に並ばないと食べられないので時間の余裕が無く参加したわたしはさっぱり食べられませんでした。残念。
 結果は以下の通りだそうで、残念ながら帰ってきたカリーナは上位にはなりませんでした。
 しかし、日曜日の帰るさいカリオンパークに向かう道は数珠つなぎで延々と繋がっていました。送迎バスも満員になっていて、2日間で59000人の参加だったそうです。すげ~!

国際ご当地グルメグランプリ
1位:鯛茶漬け
2位:アスパラみどりカレー
3位:糸魚川ブラック焼きそば
4位:さといも麺
5位:月岡のっぺ親子丼

伝統型ご当地グルメ部門 1位:鯛茶漬け
開発型ご当地グルメ部門 1位:アスパラみどりカレー
ご当地スイーツ部門   1位:聖籠産巨峰のみずみずしいジェラート
米粉グルメ部門     1位:米粉うどん「白鳥美人」

なぜかブラック焼きそばの写真!
ブラック炊きそば
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。