プロフィール

キン太

Author:キン太
nvnstudioブログへようこそ!
代表のshinです。
ライブの応援・企画、CD/DVDの企画・制作、PAなどの音楽活動やそのついでの印刷などのデザイン、そのついでにやむを得ない宴会活動に積極的に取り組んでいます。
最近では自分もときどきですが売り出しています。
「鯛車しん」で月に一回、まき鯛車商店街で、ライブを行っています。
「キン太」としてキン太電気バンドでポップスを歌ってます。今度、ジャズストにも参加します。

thanks!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Flash Piano
雪が3Dで降るブログパーツ ver2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. ふくちゃん

    ふくちゃん

    2013-05-09 (Thu) 06:12

    しばらく顔をみないと思ったら、こんな事になってましたか
    それは大変でした、仕事をするどころじゃないし酒をのんでいるどころじゃないでしたね

    体があっての生活・生きていての楽しみ、近年この言葉が身にしみます
    ご自愛くだされ

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

179

なんといいましょうか…生還しました!

信楽園病院朝食

なんといいましょうか…
4月初めに肩鎖関節じん帯損傷 4週間安静
 肩にぽつんと骨が飛び出したままです。
4月下旬 愛車。名車、高級車VOLVO3号 寿命とあいなり廃車
 このときにはJAFのトラックに乗せたVOLVOに乗ったまま高速に乗るという初めての経験をしました。

もう悪いことは起きないか、いや2度あることは3度ある?
と思っていたら連休中頃から体調を崩し、ついに入院そして退院。

昨日、午前中に医者にいき風邪がこじれて熱が下がらないと訴え薬を処方されました。医者がめっちゃ込んでいまして、かえって昼を食べたのが14時ころ。食後にもらってきた風邪薬を飲んで2時間ほどすぎたら、だんだん体にかゆみがではじめた。はじめはダニかなんか虫かなと思っていたら、腕から足へ広がり始めました。顔をみたら真っ赤。ヤバいと思って医者に駆け込んだのが17時30分近く。午前中のかかりつけのお医者様ではない医者にみてもらって、薬局で処方されたステロイドなどもらってかえろうとしたが、そのころはふらふらで全くつらい状況でした。血圧は78-51で脈拍135。で、熱は39.4度。
すこしやすんだら歩けたので隣の薬局まで行って、薬を待っていたのですがどんどん悪くなって、もういっぺんはかったら68-47とかいう数値になりました。午前中計ったときには若くてかわいい看護士さんだったにもかかわらず95-55だったし、通常は血圧の薬を飲んでいても140-90くらいのものなので、その半分にまでなっていました。
だんだん血圧が下がる状況を見て薬剤師さんがとなりから看護士さんを呼んでくれて、救急救命センターにいったほうがいい、自力で行けるか、タクシーを呼ぼうかというはなしになって、もう自力では行けませんという話をしているところで、よけいによろよろしてきまして、いや救急車を呼ぼうということになって、よんでもらいました。(そのときお医者様は既にいなかったんです)
その間、薬局で寝かせられ、看護士さんが点滴をもってきていれてもらったところで救急車が到着。くるのは早かった。でも、来てから事情聴取で時間を取り、ストレッチャーを車に積み込むのにひと苦労、受け入れ先を確定するまでやり取りで一仕事でありました。はじめて救急車に乗せられました。若い隊員さんはやさしかったです。
車の中ではだいぶ落ち着いてきました。ショック状態だったところに、点滴が効いたのだと思います。点滴の前は、蛍光灯の明かりがまぶしく蛍光灯の形が見えないほど光いっぱいになって見えていたのです。このときは俺どうなるのかなと思っていました。が、車の中では普通に見えるようにはなりました、その代わりに感覚が戻ってきて、寒さでがたがたがたがたがたがたがたがた震え、さらに足先までひろがったかゆみに耐え続けなければなりませんでした。

信楽園だったので近かったですが、これまた事情聴取も一通りやらねばならず、点滴を始めて効き始めるまで、がたがたという震えとかゆみに相当耐え続けました。
それでもたえていれば次第に落ち着いてきます。でも、何かあると悪いからということで入院。

よるの病院。簡単に眠れません。となりのおっさんはなんだか部屋の出入りを繰り返しています。看護士さんに30分も歯磨きをしていると自慢をしてました。その人がいないときは物音がしません。自分の家にはない感覚の静けさ。そこで聴こえてきたのがだれかのうなり声。近くの人は大変だろうな〜って感じ。12時過ぎに寝て朝は5時にもなると目が覚め、暇人。隣のおっさんが田畑義夫さんのかえり船を口ずさんでいたのに苦笑いしながら、朝食を食べてかえってきました。
信楽園病院は建物も新しいし、看護士さんも若い方が大勢いました。救急は中堅のかたが対応してましたが…たまたま?皆さん親切でおました。ありがとうございました。

汗いっぱいかいてきました。熱はさがりましたが、血圧は下がり気味です。まだ本調子ではないですね、ということでした。それからはっきりとした原因はわからないが抗生物質のせいかもしれないということで、薬はとりあえず血圧の薬も含めて全部ストップと相成りました。

昨日の薬局と看護士さんにお礼を言いにいってきました。二人とも顔を見るなり「よかった〜!」でした。こちらこそ感謝でありました。

というわけでしばらくゆるゆるな感じでよろしくお願いします。

というわけでみつけてしまったいたずら…

IMG_0880_convert_20130508205801.png


スポンサーサイト
1

Comment

  1. ふくちゃん

    ふくちゃん

    2013-05-09 (Thu) 06:12

    しばらく顔をみないと思ったら、こんな事になってましたか
    それは大変でした、仕事をするどころじゃないし酒をのんでいるどころじゃないでしたね

    体があっての生活・生きていての楽しみ、近年この言葉が身にしみます
    ご自愛くだされ

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。